産後きちんと摂りたい5大栄養素

(ビタミン)
ほかの栄養素の働きをサポート。野菜だけでなく肉や魚にも。
ビタミンは13種類。炭水化物や脂質がエネルギーに変わるのを助けたり、タンパク質が分解後に再合成されるのに深くかかわっています。野菜だけでなく、肉、魚、卵、いも類など、さまざまな食品に含まれています。

(ミネラル)
ほかの栄養素の働きを助けて体の健康を維持する成分。
現在わかっているミネラルは16種類。ビタミンと同様に炭水化物やタンパク質、脂質の働きを助け、体の健康を維持する働きをします。肉、魚、大豆、乳製品、野菜、海草類、ナッツ類などに含まれます。

(タンパク質)
母体の健康を維持し、赤ちゃんの脳や体の組織を作る。
体を構成する主な成分。肉、魚、卵、乳製品になどに含まれる動物性タンパク質と、大豆や大豆製品などに含まれる植物性タンパク質の2種類があります。両方をバランスよくとることが大切です。

(炭水化物)
体や脳をしっかりと働かせるエネルギー源になる。
糖質プラス食物繊維を指し、人間が活動するための動力源となる栄養素。特に脳のエネルギー源として重要で、赤ちゃんの脳の発育にも深くかかわっています。米やパン、めん類などの穀類や、いも類に多く含まれています。

(脂質)
脳や神経組織、細胞膜を構成。
細胞膜の成分になるほか、脂溶性ビタミンの吸収促進などの働きが。体内では合成されない必須脂肪酸(リノール酸、aリノレン酸など)は食事からとるしかありません。必須脂肪酸のひとつDHA、EPAは、魚の脂に豊富に含まれています。

Similar Posts