母乳成分の50%は脂質。「善玉の脂肪」を積極的に

母乳の半分を占める成分は、脂質です。脂質は、それを構成する脂肪酸の種類によって性質が異なります。そこで、どのような脂質をとるか、その質が母乳の質を決めるカギでもあるのです。産後の授乳ママにとって最も重要なのが「不飽和脂肪酸」です。不飽和脂肪酸とは、非常におおまかな言い方をするなら、「善玉の脂肪酸」。心臓や循環器、脳、皮膚などに必要な脂肪酸で、赤ちゃんの成長や脳の発達にも大切な栄養素です。体内では各種の脂肪酸がそれぞれに働き合っていますから、さまざまな種類の脂肪酸をとることが大切です。

不飽和脂肪酸は酸化しやすいのが欠点

現代の日本の食生活では、動物性脂肪に多く含まれる飽和脂肪酸はとりすぎる傾向があります。授乳中の人、健康的に産後の体型戻し、体重戻しをしたい人は、ぜひ積極的に不飽和脂肪酸をとるように心がけましょう。
中でもおすすめしたいのは、母乳の脂質に近いといわれているオリーブ油、また、魚類に含まれるDHA、EPAも乳児の脳の発達を促し、良質の母乳を分泌するために非常に効果的な脂肪酸だとされています。
これらの不飽和脂肪酸は、酸化しやすいのが欠点です。ビンや容器は冷蔵庫で保存して、できるだけ短期間に食べきる、緑黄色野菜などの抗酸化食品と一緒に食べるなどの工夫をしましょう。不飽和脂肪酸の中では、オリーブ油は比較的酸化に強いので、炒め物などの加熱料理に使うのもおすすめです。

Similar Posts