リスクはあるけれどメリットも大きい

高年初産だからといって、すべてのママが難産や帝王切開になるわけではありません。
35歳をすぎても安産の人はたくさんいますし、20台で出産しても難産の人もいます。
分娩の大変さは、年齢差だけでなく個人差に左右されることが多いのです。
分娩そのものの多少のリスクは確かにありますが、それは統計的に20代より少し増えるというだけ。妊娠中や産後の生活では高年齢であることのメリットもたくさんあります。高年出産のママには、仕事を持っている人も多く、ある程度、社会的にも経済的にも安定して屋をいるので、それだけ余裕を持って妊娠や出産に取り組むことができます。また、人間的にも円熟しているので、赤ちゃん優先で子育てを楽しむことができるようです。

おなかの赤ちゃんの健康が気になるとき

高年初産のママが心配することの1つにダウン症候群があります。
ダウン症児は健常児と比べると知能や運動能力の発達が遅れたり、合併症を持っていたりします。
ただし、たとえダウン症児であってもその症状の程度には差があり、親をはじめとすいる周囲の関わり方やサポートによって、障害の程度を少なくすることも可能です。
ダウン症児が産まれる確率は20代では約0.1%ですが、およそ3歳年齢が高くなるたびに倍になり、40歳では約1%。ダウン症候群をはじめとする染色体異常は、羊水を摂取して行う出生前検査で妊娠中に調べることができます。

Similar Posts