分娩・入院費用

分娩・入院費には健康保険は適用されないため、平均で40万円台のまとまった金額が必要です。ただし、健康保険に加入している人は、健康保険から出生育児一時金が給付されますから、結果的にはこれで充当できるかたちとなります。現在の出生育児一時金は原則42万円支給されるため、多くの場合、産院に支払う額と同程度になるでしょう。
また、現在では、出生育児一時金を医療機関が健保から直接受け取る直接払制度が基本となったため、多額な分娩・入院費を一時的に立て替える必要がありません。
一般的な普通分娩の場合、40万~45万円くらいが目安ですが、無痛分娩や水中主産など特別な分娩方法を選んだり、LDR(陣痛から産後の回復まで同じ部屋で過ごせる施設)や、差額ベッド料のかかる個室を利用したりすれば、さらにお金がかかります。自分のニーズ、予算に合った分娩方法と産院を選びましょう。
出産が深夜や早朝、土・日・祝日になった場合は、割増料金が加算されることもあるので、事前に確認をしておきましょう。普通分娩を予定している人でも、出産の途中で医療処置が必要となったり、帝王切開に切り替わる場合は、治療の対象となり、健康保険が適用されます。

Similar Posts