(タンパク質)

妊娠中のタンパク質の摂り方ですが、アレルギーの予防を考慮する必要があります。毎日、同じ種類のタンパク質を摂り続けるのは、良くないですね。できるだけ日替わりで、肉類・魚類・大豆製品を交互に摂りましょう。また、牛乳や卵はアレルギーを誘発する可能性がありますので、摂り過ぎには気を付けましょう。

(野菜)

野菜は、できるだけたくさん摂りましょう。最低でも、1日に手平いっぱいの野菜を摂りたいものです。妊娠中は便秘になりやすいので、食物繊維をたくさん摂りたいですね。

(調味料)

砂糖や塩は、やはり精製していないものを使いましょう。ミネラルが豊富ですよ。塩分や刺激物は控えて、香辛料やダシを上手に使って薄味を心掛けましょう。マヨネーズやドレッシングなども、ノンオイルや低カロリーの物がありますね。上手に利用して、満足できる食卓にしたいですね。妊娠中は、鉄分・カルシウムが不足しがちです。サプリメントに頼るのではなく、できるだけ食材から摂るようにしましょう。
また、妊娠中はとてもお腹が空きます。食欲に任せて食べていては、太り過ぎてしまいますよ。太り過ぎは難産やトラブルの原因となる可能性があります。食べる量は、しっかり把握して、セーブするようにしましょう。
妊娠したことで、健康に留意するようになったという方も多くいるようです。食生活を見直して、元気な赤ちゃんを産んでくださいね。

Similar Posts