自分に合った出産スタイルを選ぼう①

自分の好きなスタイルで産みたいという妊婦さんが増え、今ではお産のスタイルは多様化しています。「考えたことがなかった」という人も、どんなスタイルなら満足のいくお産ができるか、早めにはっきりしておくことが大切です。
自分自身の産む力、赤ちゃんの産まれてくる力を信じたいと思う場合は、自然出産やフリースタイル分娩などがおすすめです。また、陣痛をのりきるためのリラックス法を身に付けたいということであれば、呼吸法やマッサージを取り入れたラマーズ法やソフロロジーなどがあります。夫婦で出産の感動を分かち合いたいのなら、夫立ち合い分娩も。一方、生活上の理由や持病がある場合。痛みに弱い場合などは、計画分娩や無痛分娩という方法もあります。陣痛促進剤や麻酔を使うのか、どんな姿勢で出産したいか、夫にも立ち会ってほしいかなどについて、自分なりに考えてみましょう。
立ち合い出産は、陣痛の時に産婦さんの腰をマッサージしたり、声をかけるなど、お産に夫が付き添います。赤ちゃんが産まれる瞬間にも立ち会うことも。産婦さんがリラックスできるので、お産がスムーズに進行し、直接お産にかかわることで夫に父親としての自覚が芽生える、「2人でお産を乗り越えた」という意識から夫婦の絆が深まるというメリットもあります。妊娠中に夫も両親学級に通い、お産の進み具合や呼吸法について勉強します。

Similar Posts