施設ごとに特徴が違います

お産を扱っている施設には、大学病院や総合病院、産科専門病院など規模の大きなものと、個人産院や助産院などの小さなものとがあります。自分がどんなところでお産をしたいか、また、お産方法によっても、選ぶ施設は変わりますが、妊娠中などの経過などによっては希望する出産方法や施設でのお産ができない場合ができない場合があります。
大学病院や総合病院などは、医療体制が整っているため、合併症などのリスクや分娩途中のトラブルなどへの対応に安心感があります。
個人産院などの場合は、1人の医師に妊娠中から産後まで診てもらえ、医師との信頼関係が築きやすいのが魅力です。また、助産院は、助産師がお産をサポートしてくれ、入院もできる施設で、アットホームな雰囲気があります。
医師や院内の雰囲気については、お産をした友達から情報収集したり、自分で直接確認したりして、自分で直接確認したりして、自分が安心してお産できる施設をさがしましょう。
大学病院・総合病院は、医学的水準が高く、産婦人科以外の科もあるので、合併症などのリスクがある場合や急なトラブルが起きた場合にも対応できます。待ち時間のわりに診察時間が短い、診察のたびに医師がかわる、夜間や休診日にスタッフが手薄などの面があります。
産科専門病院はNICU(新生児集中治療室)を備えているなど設備が充実し、扱うお産の件数も多いので、安心です。NICUなどを備える病院は数が少なく、産科以外の科がないので、持病がある場合などには向かないこともあります。

Similar Posts