霧が晴れたようにつわりが治まり、食べ物がおいしくなる

つらかったつわりが治まり、気分も前向きになれる人が多いでしょう。ただし、まれにつわりの症状が長く続くこともあります。そんな場合はつらいでしょうが、医師や助産師、病院の栄養士のアドバイスを受けながら乗り切ってください。
気分が良くなる一方で、猛烈な食欲に襲われ、ここで一気に体重が増えることがあります。妊娠中の太りすぎはさまざまなリスクの要因になるので気を付けたいもの。しかし、食べないダイエットはいけません。赤ちゃんの発育のためにも、主食の炭水化物、肉・魚などのタンパク質を欠かさず、栄養バランスよく食べながら体重を管理しましょう。

サプリメントの利用のしかた

栄養は、食事から摂るのが基本であることはいうまでもありません。妊娠中であってもなくても、きちんとした食事をせずにお菓子のようなものばかり食べて、栄養が心配だからとサプリメントに頼るというのはよくありません。これまでにそうした習慣があったなら、妊娠を機会に栄養バランスのとれた食事を摂ることを心がけるようにしましょう。子どもにきちんとしたものを食べさせて、育てていくためにも大事なことです。
しかし、現実にはどうしても不足しがちな栄養素や、妊娠中には特に多く摂りたい栄養素もあり、3食をきちんと食べるとうい基本を守ったうえで、上手にサプリメントを利用するのはいいことでしょう。
妊娠中に特に不足しがちな鉄分・葉酸・カルシウムを補うために、粉末タイプのマタニティスープもおすすめです。

Similar Posts