子宮内膜症

子宮内膜に似た組織が子宮内意外に発生してしまう病気です。毎月月経周期に伴って女性ホルモンにさらされることが原因で、月経がなくなることが究極の治療法ともいわれるほどなので、月経のない妊娠中には改善します。安心してください。
ただ、進行した症状であるチョコレート農法という卵巣のはれがある場合は、まれですが卵巣嚢腫と同様に茎捻転を起こす心配もあります。しかし、妊娠によって改善していく事が期待されるので、治療は行わず、経過を観察していきます。

子宮頚がん

妊娠初期の妊婦健診で、全員の妊婦さんに検査をする病院が増えてきたおかげで、子宮頸がんが発見されるケースが増えてきています。子宮頸がんは、その9割がヒト乳頭腫ウイルによって起こる、一種の性感染症です。進行の度合いによって0期から6期に分けられ、0期か1期の前半くらいの早期に発見されれば、治療しつつ妊娠の継続も可能。それだけ早期発見早期治療が大切な病気なので、もしもまだ健診で検査を受けていなかれば、ぜひ希望して行けましょう。早ければほぼ100%治るので、心配しないでください。
しかし、どんな場合も母体の生命を守ることが最優先。妊娠をあきらめなければならにこともあります。手術など治療の方法も、複数の選択肢の中から患者本人の希望が尊重されるこも。主治医とじっくり話し合うことが大切です。

Similar Posts