妊娠初期症状の自覚症状と腰痛

妊娠によって女性の身体には変化が起こります。その変化を感じることによって妊娠の兆候を自覚できる症状が妊娠初期症状です。
妊娠初期症状のひとつに、腰痛がありますが、普段の生理前でも腰痛に悩まされている女性はいるはずです。
普段の生理前も妊娠初期も、どちらも腰痛が起こることがあります。その原因とされるのは、卵巣ホルモンである「リラキシン」というホルモンの分泌にあります。
リラキシンには、骨盤などの関節を緩める働きがあり、骨盤が緩むことで腰への負担がかかり、腰痛を引き起こすとされています。リラキシンは生理前だけでなく、「妊娠初期」にも多く分泌されるホルモンです。
骨盤の関節を緩めることで大きくなっていく子宮に対応し、産道が広がりやすくして出産がスムーズにできる身体づくりの準備を始めているのです。「妊娠初期症状」に腰痛が起こるのも、このホルモンの影響です。
他にもプロスタグランジンというホルモンの分泌による子宮収縮や、冷えやむくみなどの血行不良から腰痛を引き起こす場合もあるようです。
妊娠初期症状としての腰痛は、着床した受精卵が赤ちゃんとして大きく育っていくために必要な過程で起こる痛みですので、心配する必要はありません。痛みの度合いも、普段の生活が苦になるほどの人もいれば、全く痛みが起こらない人まで、痛み方も個人差があります

Similar Posts