便秘対策は、食事と生活リズムの改善で

大きくなった子宮の影響で、妊娠中は便秘になりがちです。便秘が原因で、痔ができてしまうことも。便秘にならない生活を心がけましょう。
もともと、便秘は女性に多いといわれていますが、妊娠するとさらに便秘をしやすくなります。その理由は2つ。1つは、妊娠によって黄体ホルモンの分泌が活発になること。このホルモンには、筋肉をゆるめて、腸の動きを鈍らせる作用があるのです。もう1つは、子宮がだんだん大きくなって骨盤の中に入り込み、腸を圧迫すること。圧迫された腸の動きが鈍くなり、便通が悪くなってしまいます。
このほかにも、便秘の原因として、食物繊維不足の食生活や運動不足がよく知られています。また、不規則な生活をしていたり、便意を感じても我慢したりしていると、腸に便がたまっていても便意を感じなくなり、排便のリズムが乱れてしまいます。
もともと便秘がちの人は、妊娠によってさらに悪化することが予想されます。食事や排便リズムに気をつけて、便秘を予防していきましょう。食事は、野菜や海藻などの食物繊維が豊富な食品を、たくさん食べるようにしましょう。野菜は火を通したほうが、カサが減っていっぱい食べられます。
排便のリズムをつけるためには、朝食をきちんと食べるのが早道。食後の腸が動き始めたタイミングを逃さず、トイレに行って排便習慣をつけましょう。

Similar Posts