妊娠によるホルモンの変化が肌にも影響

妊娠すると、女性ホルモンだけでなく、甲状腺ホルモン、副腎皮質ホルモン、また男性ホルモンなど、さまざまなホルモンの分泌量やバランスに大きな変化が起こります。
それは、いろいろな面で妊娠をサポートするための自然体のしくみなので、程度の差こそあれ、どの妊婦さんにも起こること。問題は、妊娠維持のためにいいことがある一方で、肌や髪にとってはあまりうれしくない影響が避けられないことです。
例えば、脂分や水分のバランスがくずれ、ちょっとした刺激に敏感になったり、メラニン色素の量が多くなったり。肌も髪も、トラブルに陥りやすいデリケートな状態になってしまうのです。

今受けたダメージで産後も悩むことがあります

妊娠によって変化したホルモン環境は、出産とともにまた一気に元に戻ります。したがって、妊娠中の肌質や髪質の変化は一時的なもので、産後は徐々に落ち着いていくでしょう。授乳期特有のホルモン環境もありますが、妊娠時とくらべれば、妊娠前との違いは大きなものではありません。ただ、残念ながら、妊娠中に受けた色素沈着によるダメージなどは、出産後もそのまま残ってしまうことが多いものです。妊娠が原因なら仕方がないとあきらめず、現在の状態にあったケアで、肌と髪を保つように努めることは十分に可能です。
妊娠中も、スキンケアの基本は清潔&保湿。ダメージを受けにくい健康な状態の肌をキープするために必要なことです。また、妊娠によってどのような肌や髪の状態に傾くかには、個人差があります。自分の今の肌質、髪質に合わせてスキンケア用品やヘアケア用品を選ぶことが大切です。

Similar Posts