産後の体型変化は腹筋不足と骨盤の後傾

産後に限らず、妊娠中の骨盤は歪むものだということをまず覚えておきましょう。複雑な形をしている骨盤は1つの骨ではなく、いくつかの骨が組み合わされ、その周りを覆う靱帯や筋肉によって形を保っています。人の動きがスムーズなのは、骨盤を維持している靱帯がしなり、歪みを生じされてバランスを取っているからです。骨盤のゆがみは、一概に悪いものとはいえないのです。骨盤を支えている靱帯は、他の部分の靱帯に比べて硬く、弾力が少ない構造です。そのため、骨盤のゆがみといっても、数mmの範囲にすぎません。とはいえ、その数mmが体の不調や体型に影響しているのは確かです。靱帯や筋肉を緩めるホルモンの影響を受けている産後は、骨盤がゆがみやすい時期です。体の動かし方に注意して、人体に過度な負担を与えないことが大切です。
常に重力を受ける私たちは、立つだけで想像以上に筋肉を使っています。そのため、腹筋への意識が抜けている産後は骨盤の傾きに注意しましょう。骨盤は後傾すると左右の腸骨が広がります。産後に体重は戻ったのにお尻が大きくなったと感じるのはこのためです。まず、立ち姿勢での骨盤の傾きを確認してみましょう。

骨盤の後傾姿勢の影響は歩き方にも表れる

腹筋と背骨のバランスが崩れ、骨盤が後傾した姿勢で歩けば、肩や腰、膝への負担が増えます。内股で膝も内側に入っている場合が多いのです。足の付け根(股関節)を使わず、膝下だけで歩いていないか、鏡で確認してみましょう。

Similar Posts