体毛が濃くなったり、抜け毛、白髪も

おなかが大きくなるにつれて、体のあちこちにいろいろなトラブルがあらわれてきます。そのほとんどは妊娠にともなう生理的なものですが、気をつければ快適に過ごせます。
妊娠によるホルモンバランスの変化で、人によっては、体毛が濃くなったり薄くなったり、髪の毛が抜けたり白髪が急に増えてしまうことがあります。どれも一時的なもので、産後は元に戻りますから、心配はいりません。腕やすねの毛が目立って気になるときは、除毛や脱毛のお手入れをしてもよいでしょう。しかし、妊娠中の肌は敏感になっています。これまで使っていた除毛剤や脱毛剤でもかぶれる場合があるので、注意が必要です。

シミやソバカスができやすくなります

妊娠中は、さまざまな刺激からおなかの赤ちゃんを守るために、敏感に反応できる力が備わり、メラニン色素の沈着もそのひとつ。紫外線の刺激から肌を守るために、ふだん以上にメラニン色素が合成されるので、シミやソバカスができやすいのです。妊娠中は紫外線対策をしっかりしましょう。外出時にはUVカットのクリームなどを塗ったり、帽子をかぶるようにしましょう。アフターケアも万全に。妊娠中は食事や果物でビタミンCをたっぷりとるようにすると、シミ、ソバカスの防止につながります。

Similar Posts