安産に向けた体力づくりと体重管理を始めよう

安定期を迎え、心身ともに最も安定する時期です。体調と相談しながら外出をしたり、趣味など好きなことをして気分転換をはかるとよいでしょう。お産に向けた体力づくりや体重管理もスタート。妊娠の経過が順調なら、できるだけ歩くように心がけます。マタニティエクササイズやヨーガのクラスに参加するのもよいでしょう。病産院で実施しているところもありますし、なければ紹介してもらうこともできます。ただし、おなかが張ったら疲れたサインです。無理をしないで休んでください。あまり張りが治まらないようなら、病産院で。引き続き食事にも気を配り、高たんぱく低カロリーの食事を心がけ、体重管理に努めてください。夜遅くまで起きていると空腹になり、ついお菓子などをつまみたくなります。空腹で眠れなくなることもありますから、早寝早起きの習慣をつけることも大事です。
子宮筋腫がある人は、このころから妊娠24週ごろまでが、最も症状の出やすい時期です。
強い腹痛や張りが現れた場合は、すぐに受診してください。それまで子宮筋腫について特に指摘されていない人でも、小さな筋腫があれば腹痛や張りの症状が出ることがあります。
悩んでいないで、すぐに病産院へ。症状が重い場合は、入院になることもあります。

Similar Posts