食欲がわく時期。食べ過ぎに注意を

赤ちゃんが骨盤のほうに下がるので、胃のあたりがすっきりしてくることが多いでしょう。今までの胃のつかえがとれ、その反動でうっかり食べすぎ、最後になって急に体重が増えることもあります。妊娠生活が終わりに近づいても、妊娠高血圧症候群のリスクがつきまとうことを頭に入れて、最後まで気を抜かないことです。特に仕事が産休に入った人や里帰り出産で実家に帰った人は、気のゆるみからついルーズになりがちです。最後まで食生活に注意し、体調と相談しながら適度に体を動かして過ごしましょう。なお、妊婦健診は毎週になります。医師や助産師と話す機会も増えますから、不安なことや気になることは思いついたときにメモをして、どんどん聞いてください。夫立会い出産を予定している人は、夫婦で分娩当日の流れを助産師に確認しておくと心構えもでき、安心です。
37週から「正期産」といわれ、予定日に関係なく、いつ産まれても赤ちゃんは大丈夫。いつでも入院できるような準備をしておき、疲れない程度に体を動かしましょう。お産のサインは、陣痛、破水、おしるしのどれが先になるかはわかりません。尿モレか破水かわからないときは、自己判断せず、必ず受診してください。

Similar Posts