子宮筋腫は場所や大きさが問題

子宮筋腫は、子宮の筋肉にできる固い「良性のこぶ(しゅよう)」です。大きさとできた部位によっては、流産や早産に結びつくこともあるので、注意が必要です。
胎児の発育・成長には、極端に大きな筋腫がたくさんあるような場合以外は、それほど影響しないでしょう。ただし、筋腫ができた部位によっては、筋腫が邪魔をして、「さかご」になることがあります。また、筋腫が変性を起こして、痛みの原因になることもあります。出産方法は、筋腫の場所や大きさによって違ってきます。特に、頸管部近くにできた筋腫は、産道を圧迫して赤ちゃんがおりてくるのを妨げるので、帝王切開になることが多くなります。
産後は、子宮の回復が悪かったり、悪露の出方が悪く、感染症を起こすこともあるので、無理をしないことが大切。母乳はできるだけ長くあげたほうが子宮の収縮や筋腫の成長に対し、効果的です。よほど特殊の場合を除いて、基本的に妊娠中は手術をしません。帝王切開で出産した場合も、出血が増える可能性が大きいので、出産時に筋腫をいっしょにとることはあまり行われません。出産後は小さくなる可能性があるので、産後の経過をみて治療方針を決めていきます。
次の妊娠を希望する時は、筋腫があまり大きくならないうちに妊娠するか、それまでに筋腫の核だけをとる「筋腫核手術」を受けたほうがいいでしょう。産後もきちんと定期健診を受けることが大切です。

Similar Posts